ようこそ 

インフルエンザワクチンの種類

インフルエンザワクチンの種類

 これまでのインフルエンザワクチンはA型2種類 B型1種類の合計3種類のインフルエンザに対応していました。
 近年B型は山形系統とビクトリア系統の2種類が混合して流行していたため、1種類では効果が不十分と考えられ、今年から、A型2種類 B型2種類の合計4種類のインフルエンザウィルスをカバーできるワクチンに切り替えられることになったのだそうです。

 ワクチンの効果の持続期間は一般的に5か月程度と言われています。
ワクチン接種による効果が出現するのに2週間程度かかるため、早め(11月中)の
予防接種が望ましいでしょう。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional