聞こえが気になる方は

聴力検査を受けましょう


聴力検査とは、あなたの聴力の程度を調べる検査です。難聴がある場合には、原因が外耳から中耳までの間にある(伝音難聴)か、内耳から脳までの間にある(感音難聴)かを調べます。
健康診断では2つの高さの音しか検査をしませんので、健康診断で異常を指摘されたことのある方や下記の症状などがある方は、専門医のいる耳鼻咽喉科での聴力検査を行いましょう。

  • 聞こえにくさを感じたり家族に指摘されたりする
  • 耳鳴りがする
  • めまいがすることがある

聴力検査は、「耳の聞こえが悪い」又は「特定の音が聞き取りにくい」等だけでなく、背景に隠れている病気の診断をするためにも行われます。
疾患によっては、直ぐに治療が必要な場合もありますので、耳鼻咽喉科での聴力検査をお勧めします。

耳鼻咽喉科の聴力検査で分かる主な病気

感音性難聴

内耳、聴神経の障害でおこる難聴です。

  • 突発性難聴
  • 聴神経腫瘍
  • メニエール病
  • 加齢性難聴
  • 内耳炎 など

伝音性難聴

耳介・外耳道・鼓膜・中耳(耳小骨等)の障害でおこる難聴です。
外からの音は、外耳道を通って鼓膜と耳小骨を震わせることで聞くことができますが、何らかの原因でこの部に障害がおこると、聞こえが悪くなります。

  • 中耳炎
  • 耳硬化症
  • 耳管狭窄症
  • 耳垢塞栓 など

当院では上記の病気に対し、検査・診断・治療を行っております。
※さらに詳しい検査が必要な場合、専門の医療機関に紹介をさせていただきます。

聴力検査や耳の聞こえのお悩みは、お気軽にご相談ください。