中耳炎

中耳炎

こんな症状ありませんか?

  • 風邪をひいていて、鼻汁が続いていたら急に耳が痛くなった。
  • 音が聞こえにくくなった。
  • 耳に詰まった感じや、耳漏がある。
中耳炎とは、鼓膜より内側の中耳という空間で起こる感染症です。
細菌やウイルスが鼻の奥から中耳へ侵入することが原因で発症します。
中耳炎になると、耳の痛みがでたり発熱したりすることがあります。
特に、小さなお子さんは症状をうまく説明できないため、注意が必要です。

どうして子どもは中耳炎になりやすいの?

中耳と鼻の奥は、耳管(じかん)という管によりつながっています。そのため、風邪を引いて細菌やウイルスに感染すると、鼻の奥から細菌やウイルスが中耳に入り込み、中耳炎を発症します。
子どもは鼻汁を取れないことと、子どもの耳管は大人に比べて太く傾斜もなだらかなため、細菌やウイルスが移動しやすく中耳炎になりやすいのです。

 

当院での治療方法

鼓膜が発赤したり膿が溜まったりしている場合は、抗生剤の内服を行います。痛みが強いときは痛み止めを内服します。
発熱がひかないときや、痛みが強い時、抗生剤の内服を行っても膿が溜まったままの時には、鼓膜切開(小さなメスで鼓膜を切開して膿を外に出すこと)が必要になります。
鼓膜を切開して穴があいた後や、自然に鼓膜が破れたときは、抗生剤の点耳液を耳の中に入れる治療も行います。

>お子さまの「みみ・はな・のど」のお悩み

お子さまの「みみ・はな・のど」のお悩み

当院ではお子さまが笑顔で受診が出来るよう、スタッフ一同笑顔での対応を心掛けております。また、お子さま連れでのご受診の際も、お子さまへの対応もさせていただきます。

CTR IMG