急性の嗅覚・味覚障害についてのお願い

新型コロナウィルスの感染で他の症状がなくても、先行して急ににおいや味の異常(嗅覚・味覚障害)を自覚することがあります。
医療機関に多くの問い合わせがきていますが、現時点では多くの施設で発熱や肺炎のない軽症の方はPCR検査を行うことができません。
におい、味のわからなくなる病気の多くは新型コロナウィルスとは無関係ですが、花粉症症状や風邪症状などがなく嗅覚障害だけが突如起こってきた場合、新型コロナウィルスに感染している可能性もあります。
念のため、周囲への感染を拡大させないように以下のことをこころがけてください。

  1. におい、味の異常だけがみられた場合、2週間はできるだけ不要不急の外出は避けてください。マスクを着けての対話、こまめな手洗い、毎日の体温測定をしてください。
  2. 37.5度以上の発熱が4日以上続く、発熱・倦怠感・咳・息苦しさが出てきたときには、お住いの市町村の新型コロナウィルス受診相談センターに電話で相談してください。(当院ではPCR検査やPCR検査を実施する医療機関へのご紹介はできません)
  3. 嗅覚障害、味覚障害に対する治療(対症療法)は急ぎません。自然に治ることも多いですので、まずは薬を使わずに様子を見ましょう。発熱、咳などの他の症状がなく、嗅覚、味覚障害の症状が2週間以上経過しても変わらない場合は、耳鼻咽喉科外来までお問合せください。

あなたと、あなたの周りの皆さんの身を守るためにご協力をお願いいたします。