口内炎

口内炎の原因


疲れているときなどによく口内炎ができる事があります。一般的によくできる口内炎は1〜2週間程で治るものが殆どで、下記の事が原因としてあげられます。

  • 抵抗力の低下
  • ビタミンB2などの不足
  • アレルギー
  • ウイルス
  • 口の中の傷

これらの口内炎の多くは、薬による治療や、生活習慣の改善による治療で治ります。
しかし、口内炎の背景に大きな病気が隠れている場合もあるため、注意が必要です。
特に下記の様な症状がみられる場合は、早めに専門の医療機関を受診しましょう。

注意が必要な症状

だんだん大きくなる

出来始めの時期を除き、口内炎がだんだんと大きくなるような場合には、栄養状態や免疫力が低下するような病気や腫瘍が背景にあることが考えられます。

治らない、繰り返す

通常であれば、薬による治療や、口内炎への刺激を避けるようにし、生活習慣を改善することで治りますが、2週間以上の期間が経ってもなかなか治らない場合や、治ったと思ってもまたすぐにできてしまう場合には、ほかの病気が原因となっている可能性があります。

たくさんできる

一般的な口内炎でも同時に数個できることがあります。
あまりにもたくさんの口内炎が同時にできた場合は、自己免疫疾患や感染症などの病気を発症している可能性があります。

出血したり隆起したりしている

患部から出血したり隆起したりしている場合は、腫瘍の場合があります。

※舌の奥には、有郭乳頭や葉状乳頭と呼ばれる正常な突起物もあり、これを癌と勘違いされる方もいらっしゃいます。

背景に隠れている可能性がある病気

口内炎の中でも、注意が必要な症状がある場合、背景に下記の様な症状が隠れているかもしれません。

  • ベーチェット病
  • 口腔がん
  • 感染症(ヘルペス・ガンジタなど) など

口内炎の治療をご希望される方や、ご不安がある方はお気軽にご相談ください。